<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【レビュー】 Enola - 妖艶で不気味な雰囲気が魅力の探索型ホラーADV : main : 【レビュー】 SILENCE OF THE SLEEP - 自殺を選んだ男の過去を解き明かす本格ホラーミステリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
【レビュー】 THE CAT LADY - 強いメッセージ性と幻想的なグラフィックが特徴のホラーADV

THE CAT LADY

 

開発元: Harvester Games

発売年: 2012

価格(レビュー時点): ¥980 (STEAM)

開発元公式HP

販売ページ (STEAM)

対応ハード: Win

ジャンル: ADV (2D・サイドビュー・戦闘要素なし)

世界観・ストーリー: ホラー・サスペンス・ミステリー・サイコ

※一部R-18要素あり

 

レビュー時点のプレイ状況: 1回クリア

クリアまでのプレイ時間: 12時間

 

レビュー時点日本語対応: なし (MODも存在せず)

 

ページ内ネタバレ要素: なし (プレイ開始〜30分程度の冒頭部分については多少言及しています)

 

 

1.概要(ゲームルール・システム・世界観・雰囲気・音楽など)

切り絵アニメーションを思わせるような幻想的なグラフィック、作り込まれたストーリー、世界観を精密に描写する多数の楽曲が特徴のサイドビューADVです。

プレイヤーは孤独な中年女性のSusanとなって異世界や現実を探索し、自身にとっての脅威である5人の殺人鬼(Parasites)に立ち向かいます。

 

 

レビュー時点では日本語化MODが存在せず、それなりの量の英文を読みながらプレイする必要があります。フルボイスであるため雰囲気で何となく伝わる部分も多いと思いますが、使われている単語が結構難しく、僕は辞書を片手にプレイしました。

 

とはいえ、基本的にはアイテムを収集してそれをどこで使うかを考えるだけのシンプルなルールによって進んでいくため、言語が壁になって全く進めなくなるということはないでしょう。(ただし、会話の選択肢によってゲーム展開が変わるのでその点は注意が必要。普通にクリアするだけでなく、ストーリーの把握や全実績解除まで目指すならある程度の言語能力は必要でしょう。

 

アイテム探し&使用以外の挑戦課題も時折あらわれ、その都度画面上の指示・説明メッセージとともに示されます。

1回しか登場しないタイプのものもちらほら。

 

残虐描写はありますが、恐怖度はさほど高くないと言って良いでしょう。

多少驚かされるシーンはありますが、あくまで世界観としてホラーを採用しているといったところ。

 

 

 

2.良い点・見どころ

グラフィック、音楽、ストーリーとどこを取っても素晴らしいゲームなのですが、やはり最初に語るべきはストーリーでしょう。ネタバレにならない程度に冒頭部分をちょっとだけ紹介します。

 

 

ストーリーは「猫だけが友達だ」と話す、孤独な中年女性Susanの自殺から始まります。自殺したはずがいつの間にか異世界におり、そこで自分の死体を発見、うろうろしている内に出会った謎の老婆からある依頼を受ける。「私の代わりに5人のParasites(殺人鬼)を殺してほしい。そうすれば、あんたには今までと違った幸せな人生が待ってるよ。」と。

この時点でまずまずのぶっ飛び具合ですが、更には「あんたには絶対的な優位があるんだよ。これを成し遂げるまでは不死身なんだからね。」というようなことを付け加えます。

 

やむなく依頼を受けて現実に戻るSusan

「猫だけが友達」といったセリフから、孤独でか弱い存在という印象を受けるかと思いますが、ゲームが進行するにつれて、どうにもSusanはただか弱いだけの存在ではないことがわかってくる。皮肉めいたジョーク、ある時点で主人公の相棒となるMitziとのやり取りと友情。

 

なぜSusanは人生に絶望しているのか、なぜ猫だけを愛する孤独な人間になってしまったのか、老婆の言う通り、全てが終わったら本当に“幸せな人生”が待っているのか、5人のParasitesと対峙する中でそれらは明らかになっていきます。

 

ぜひとも最後まで見届け、本作に託されたメッセージを受け取ってほしいと思います。

まるでロードムービーやヒューマンドラマのような、作者の人生観が込められた作品です。

 

 

次にグラフィック。

色数をおさえ、遠近感を排除し、実写とイラストが入り混じる様は切り絵アニメーションを思い起こさせます。

異世界は幻想的・夢想的な雰囲気です。

 

こういったゲームに定番の正体不明機械・・。

 

自分の死体を発見するシーンなのになぜこうも美しいのか。

 

 

に音楽。BGMはジャズやプログレ系のおしゃれな曲やアンビエントが多いです。

一方、歌曲はnine inch nailsMisery loves co.あたりを思わせる攻撃的なインダストリアルメタルだったり、悲しげなシューゲイザーだったりとバラエティに富んでいます。

どれも素晴らしい曲ですので、サントラ込みでの購入を強くおすすめします。

 

 

 

3.難点

難点というほどでもないのですが、序盤(病院)の謎解きはやや難しく感じました。

詰まったら総当たり的に試していくことも必要ですね。

以降はさくさく進んで楽しかった記憶。

 

やや動作が不安定なところがあるため、プレイ中に起きた不具合と対処法をあげておきます。

 

Win10機(GTX970)でプレイすると音が鳴らないことがありました。一度最小化して戻すと以降は正常に鳴るようになりました。

WinXP機(HD6850)でプレイしたとき、デフォルトの設定では画面の表示範囲がおかしくなる(画面が右下方向にずれ、見切れている)ため、起動時に選択できる「SetUp」から「Advanced」を開き、

Enable side borders」、「Enable top & bottom borders」、「Smooth scaled sprites (fast CPUs only)」にチェックを入れて起動すると正常動作するようになりました。

・濃い霧が出る場面でフレームレートが極端に低くなる場合があるようです。僕のPC(上記のXP機)でも起こりました。さほど長い場面ではないのでゲームが進行できなくなるほどではないですが・・。

 

その他、ウィンドウ表示・フルスク表示ともに解像度設定ができないのは少々難点です。

あとは、セーブ・ロード時に確認メッセージなどがないため、操作を間違えやすいことでしょうか。

一度、間違ってロードして前のチャプターに戻されてしまいました・・。

各チャプターからプレイすることもできないため、この点はやや注意が必要です。

 

 

 

4.おすすめしたい人

・ゲームで言えばサイレントヒル、映画でいうとデヴィッド・リンチ作品のような異世界ものが好きな方

・メッセージ性の強い作品、作家性が強く出ている作品が好きな方

・プレイ後に余韻を残す作品が好きな方

 

 

5.総評

ほどよいプレイ時間の中で展開される中身の濃い個性的なストーリー、美しい音楽とグラフィック。

ADV好き、ホラー好きならば買わない理由はないでしょう。

: ゲームレビュー : 23:54 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 23:54 : - :









http://dropb.jugem.jp/trackback/38
recommend.