<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎(上)』 要約その11 ユニット2 第16〜17章 : main : 『ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎(上)』 要約その12 「サイバネティックシステムとしてのゲーム」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
【レビュー】SETTLED (STEAM / ミステリー・ホラー・ADV・2D・レトロ風・ドット絵)

『SETTLED』

 

開発元:Allen Dayan
発売年:2016

価格(レビュー時点):¥198
開発元公式HP

販売ページ
対応ハード:Win / STEAM

ジャンル:ADV(探索型・2D・横スクロール・レトロ風)
世界観・ストーリー:ミステリー、ホラー


レビュー時点のプレイ状況:クリア済み

クリアまでのプレイ時間:30分程度

 


1.概要(ゲームルール・システム・世界観・雰囲気・音楽など)

ドット絵を用いた2D探索ADVです。戦闘要素なし、一本道で30分程度で終わるとても短い作品。

絵柄は全てドット絵ですが、効果音やBGMはレトロ系ではなく普通にクリアな音というよくある組み合わせです。

日本語化MODはレビュー時点ではありませんが、とても簡単な英文だけですのでストーリーの完全理解は十分可能です。

 

メインのプレイ画面はこんな感じ。左右の移動とオブジェクトを調べるボタンだけというとてもシンプルな操作です。

メイン画面がシンプルなドット絵であるだけに、効果音が妙にクリアに聴こえて雰囲気抜群。

BGMは素材サイトのものを使用しているようですが、効果的に使われておりチープさは感じません。

 

オブジェクトを調べること、歩き回ることでゲームは進行しますが、その都度異様に描きこまれた一枚絵や、主人公の自問自答的なセリフが挿入されたりといった具合。

主人公の過去の記憶や幻覚、自問自答などの断片的な情報をもとに、少しずつ、主人公に何が起きたのかが明らかになっていきます。

地味ながら恐怖感・没入感はなかなかのものです。

 

2.良い点・見どころ

なんといってもドット絵の迫力がすごい。本当に異様な迫力です。

感覚的にはスウィートホームやスプラッターハウスなどの絵柄に近いでしょうか。

それぞれがアートとして鑑賞できてしまうような強烈な魅力を持っています。

タイトル画面も含め、何やら悪魔的な印象を与えるシーンが多いです。

本当にもう、この絵だけで買う価値があると思う。

安易なレトロ風ではなく、ドット絵特有の迫力を最大限に発揮した素晴らしい絵柄です。

ダークなドット絵は本当にかっこいい。

 

 

3.難点

難点というわけではないのですが、ストーリー自体は王道というかよくあるものです。

しかし情報の抑制が上手で、展開はある程度予想外に感じると思います。

 

 

4.おすすめしたい人

・スウィートホーム、スプラッターハウスなどダークなドット絵が好きな方

・短時間で遊べる作品が好きな方

 

 

5.総評

198円という低価格、30分で遊べてしまう短さ。

ちょっとした暇つぶしにと思って買って遊んでみたら意外にも記憶に残る作品だった、というのが本作の総評です。

文句なしにおすすめできます。

短編映画を何の気なしにふらっと見に行くような感覚でどうぞ。

: ゲームレビュー : 03:13 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 03:13 : - :









http://dropb.jugem.jp/trackback/22
recommend.